レーシックの適応検査とは?
人気の視力回復法

レーシックの適応検査とは?

レーシックの適応検査とは、レーシック手術を受けたいと希望する患者さんが問題なく手術を受けることができるか?
手術後も問題なく生活できそうかということを調べる検査です。

最初は問診またはアンケート形式で、
それまでかかった病気や現在かかっている病気、
服用している薬などが調べられます。

その後、角膜のカーブがレーシックを受けるに値する範囲に収まっているか?
眼圧測定をして、重い目の病気にかかっていないか?
角膜の形を調べたり、細胞の数を調べることによってレーシック手術をしっかりと受けられるかどうかを検査します。
手術で改善することができる症状はhttp://www.fullcircleranch.com/7.htmlで紹介されています。

このレーシックの適応検査のやり方は決められたガイドラインというものは出ていないので、
どうしても各院によってばらつきがあります。
そのためによりこの適応検査をしっかりと行ってくれる院に頼むほうが安心してレーシックの手術を受けることができると言えるでしょう。

あと、長年コンタクトをしてきた方は、角膜が薄くなっている可能性があるため
手術前の一定期間は角膜回復のためにコンタクトをつけないという期間が設けられます。
院によってはレーシックの適応検査をぱぱっと済ませてしまうところもあるようですが、そのようなところは後遺症の危険性が高いといえるので注意して治療院を選択する必要があります。

このページの先頭へ