人気の視力回復法

レーシック手術は副作用はでないの?

レーシックを行った後に副作用というものは特にないですが、ただレーシックの手術後に視力は良くなったけれど、特定の症状で悩む患者はいらっしゃいます。
特に夜に光を見るとぼやーっとして見えたりするハロやグレアなどの症状が出る人や、度の強いレンズが装着されたメガネをかけたときのように気持ち悪くなったり頭が痛くなったりする人がいるようです。
中にはその症状に対して全くなれることができず精神的な疾患を患った方までいるようです。

このようにして、レーシックの手術自体は上手くいっているけれど、その後に悩む人は少なくありません。
ただ、このような症状は事前に検査やカウンセリングをしっかりと行っていれば防ぐことができるものがほとんどです。
特にカウンセリングに関しては医師の疎通が非常に重要で、まず正確な情報を医師に伝えることと、しっかりとしたコミュニケーションを医師と取ることが不可欠となってきます。

コンタクトレンズをかけていることや、病気の症状などはかなり正確に担当医に伝える必要があります。
それらの情報をしっかりと伝えることにより、適性検査をしっかりと終えることができれば、このような症状で悩む人はほとんどいなくなるでしょう。
レーシックとコンタクトの違いも見ておきましょう。

このページの先頭へ